子供のアトピーの食事

子供がアトピーの食事の準備には、手間がかかるとそのお母さんたちは言うそうです。

それは、卵黄・卵白・小麦粉などがアレルゲンの小児性アトピーが、実際多いのです。

さらに、乳製品も、子供のアレルゲンとしては多いそうです。

ただし、すべて子供のアトピーが食べ物が原因かというと、決してそうではないのです。

まったく食物アレルギーがないのに、発症する子供は、実際に多いです。

食物アレルギーであれば、赤ちゃんでも、病院で簡単に検査できますし、その食材を特定することによって、その食材を排除することが可能です。

もちろん、食材によっては、子供が大好きな玉子焼きとかケーキなどを作ってあげられない場合もありますが、まだ原因がわかっているだけ、対応の仕方がありますね。

ただし、それも食事を自宅で取る場合に限ってのこと。親の目の届かないところでは、キケンがいっぱいあります。


実際に、そばアレルギーの子供さんが給食で出たおそばを食べて、急に呼吸困難になって死んでしまったという例もあります。

このように給食とは言え、死に直結するアレルギーですから、子供さんが何らかのアレルギーを持っていたら、細心の注意を払うとともに、確実に学校側に伝えておくべきです。

また、子供が小学校高学年ともなれば、外食の機会もあるかもしれません。外食にもさまざまなキケンがあります。魚のアレルギーを持っているので、キムチを頼んだらアレルゲンだったなどの可能性もあります。

この場合、キムチが問題なのでなく、キムチを漬けるタレに魚が入っているのです。くれぐれも子供の食事には気をつけてください。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

ブログランキング

HOME

育児教育

ランキングはこちらをクリック!
  • seo
Yahoo! JAPAN
ブックマークに追加する

携帯版のQRコード

アトピー 症状:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://002.tohnan.asia/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

PC&携帯サイト同時生成ツール~ツインビルダー for MT